まつげの植毛とは

まつげの植毛は、ご自分の髪の毛を移植し、自まつげを増やす手術です。
つまり、髪の毛をまつげにするという画期的な方法です。

当クリニックでは、2000年の開業以来、多数の「まつげの植毛」を行ってきました。
上まつげの植毛はもちろんのこと、患者様のご希望により、下まつげの植毛、切らないまつげの植毛も行なっています。

植毛された毛は、生着すると自まつげとなりますので、抜けてもまた生えてきます。
しかも、元々髪の毛ですから、太く長くしっかりしたまつげになります。
まつげが少ない・まつげが細い・まつげが部分的に脱毛しているなどの悩みのある方はもちろんのこと、もっとバサバサのまつげが欲しい方にも適した手術です。

植毛する本数に関して、
標準的な植毛本数を両側上まつげで合計150本前後、両側下まつげで合計80本前後としています。
この本数が生着率や手術手技やまつげアップ感や術後腫脹などトータルで今はベストと考えています。

まつげの生着率に関して、
個人差がありますが、当クリニックにおける統計では、上まつげ、下まつげともに50%~90%です。
その平均生着率は70%~80%です。例えば、150本の植毛で平均105本~120本生着しています。

基本的に髪の毛をドナーとし、その毛をまつげとして植毛しますので、生着したまつげは自まつげとまったく同じようではありません。
特にまつげの生えている角度が自然な感じになりません。
つまり、生着した上まつげではやや下向き、下まつげではけっこう上向きになってしまいます。

上まつげの場合は、生着後ビューラーやまつげパーマなどのケアを行うことで上向きのカールを得ることができますが、
下まつげのケアは簡単ではありません。そこで、下まつげの植毛においては、独自の工夫をして手術をしています。
しかし、生着後の下まつげは、自然な感じにはなりません。ですので、下まつげの植毛をご希望の場合は、よくご検討下さい。
院長紹介

 

料金はこちら
まつげの植毛体験レポートはこちら

 

まゆげの植毛とは

ご自分の頭髪を使った眉毛への自毛植毛で、生着すると一生ものです。
ご自分の毛髪ですので、拒絶反応が無く、安心・安全です。
一般的な植毛本数:片側150~200本 / 両側300~400本

 

眉毛の植毛のデザイン(眉のアートメイクを応用)

眉毛の植毛のデザイン
従来、眉毛の植毛は、頭髪を移植するために、不自然(ゲジゲジ眉毛)になるケースが多いのですが、
私はアートメイクの眉のデザインや技術を眉毛の植毛にも応用して手術して、
より自然な眉毛が出来上がるように工夫しています。
逆に、眉毛の植毛の利点を眉のアートメイクにも応用しています。
院長署名

 

料金はこちら

 

現在、千葉院で「まつげの植毛」と「まゆげの植毛」をおこなっております。